きんつば

きんつば


今回は和菓子の「きんつば」を紹介します。

■なぜ「きんつば」と呼ばれているの??

さて、このきんつば、京都生まれですが、実は昔は「きんつば」という名前ではありませんでした。一番最初にできた頃は「金」ではなく、まさかの「銀」。そうです、「ぎんつば」という名前でした。では、なぜ当時はぎんつばと呼ばれ、それがきんつばに変わったのでしょうか。

それは作り方からきています。
昔はきんつばの周りに米の粉をまぶして焼いておりました。しかし米の粉は焼き色がつきにくく、焼き上がった時には銀色ぽくなります。そのため、初めは「ぎんつば」と呼ばれていました。それが江戸に入った時に作り方が変わります。きんつばの周りに米の粉ではなく小麦粉を水で溶いたものをまぶすようになったのです。小麦粉は米の粉より焼き色がつきやすく、金色に見えたことで「きんつば」と呼ばれるようになりました。
名前が変わった理由は諸説あり、他には京都は銀貨幣主体だったのに対し、江戸では金貨幣主体だったので江戸に入ってきた時に銀から金に変わったなどの説もあります。

■きんつばはどうやってできているの??

きんつばは寒天で固めたつぶあんを小麦粉のを使った生地をつけて焼き上げたものですが、形は丸のものもあれば四角いものもあります。
きんつばの「つば」は刀の鍔から来ているので、もともとは丸いを形をしていましたが時が流れるにつれて四角いものも出てきました。四角いきんつばは六面を焼くので「六法焼き」とも呼ばれます。

今では芋あんのきんつばなどもありますが、個人的にはシンプルなつぶあんのきんつばが好きですね。

■お取り寄せスイーツ

楽天で人気のきんつばをご紹介します。

【送料無料】【きんつば】金沢銘菓きんつば9個入りレビューを書いて送料無料!【きんつば】【金...

金沢銘菓きんつば9個入り
価格:1,080円(税込、送料込)

≪きんつば中田屋≫きんつば 10ヶ入【送料別(最短3日後発送)】【和菓子】【のし可】【ギフト】...

きんつば中田屋
価格:1,782円(税込、送料別)


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です