サーターアンダーギー

サーターアンダーギー


今回は沖縄のお菓子「サーターアンダーギー」です。

■結納時にも食べられる??

沖縄でよく食べられている「サーターアンダーギー」。
このサーターアンダーギーが王朝時代に宮中の料理人が調理技術取得のために中国の福州や鹿児島に渡ったときに学んだお菓子と言われています。
中国・台湾にも似たようなお菓子があり、中国ではサーターアンダーギーがお坊さんが大きな口を開けて笑ったような見えるので、「開口球」台湾では「開口笑」と呼ばれています。

現在では、サーターアンダギーの形に表面に割れ目があることから女性を象徴するお菓子として結納で食べられています。男性側はカタハランブーという塩味がきいたお菓子を食べます。
サーターアンダーギーは沖縄の町なので普通に売られていますが、カタハランブーは結納時の注文品であり、市場には出回っておりません。

結納時にも食べられるとは、本当に沖縄の地元に根付いているお菓子だなと思います。

■サーターアンダーギーの名前の意味は??

サーターアンダーギーとは何語なのでしょうか?
これは沖縄語です。「サーター」は沖縄語で砂糖の意味。「アンダギー」は揚げ物、テンプラという意味です。

現在ではサーターアンダギーと呼ばれていますが、昔は「サーターハンビン」と呼ばれていました。これは宮古島の方言で「ハンビン」とは揚げ物という意味です。
海外では沖縄からの移民が多かったためハワイ州でも”Andagi”として知られています。
日本では通じるのはわかりますが、まさかハワイでも通じるとは思いませんでした。

■お取り寄せスイーツ

楽天で人気のサーターアンダーギーをご紹介します。

〜有名店のあんだぎー〜【安室養鶏場 さーたーあんだぎー】

安室養鶏場 さーたーあんだぎー
価格:538円(税込、送料別)

沖縄風ドーナツ!?[御菓子御殿]さーたーあんだぎー(紅芋)3個入り

[御菓子御殿]さーたーあんだぎー
価格:258円(税込、送料別)


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です