青柳


今回は幻の梨、浜なしがギュッと詰まった「浜梨物語」を紹介します。

■浜なしって知ってますか?
みなさん、突然ですが「浜なし」って聞いたことありますか?
梨といえば幸水や豊水が有名ですが、浜なしは品種ではなく横浜市で認定されたブランド名です。

では、浜なしと普通の梨は何が違うのでしょうか?
それは収穫するタイミングが違います。
通常の梨は熟す前に収穫しますが、浜なしは十分熟してから収穫します。
そのため市場に出回らず、直売所でしか購入できないため「幻の梨」と呼ばれています。
熟してから収穫するため糖度が高く香りも強いのが特徴です。
この幻の梨、浜なしがたくさん使った水菓子が「浜梨物語」です。

■浜梨物語とは
この「浜梨物語」は港北区70周年の記念に作られたものです。
港北区から浜なしを使用したお菓子を作って欲しいと依頼されました。
しかし梨のお菓子が周りになく、焼き菓子にしようか、蒸し菓子にしようか悩みました。
試行錯誤のすえ、梨の風味を一番活かせる水菓子になりました。

驚いたのが開けた時の香りの強さ。
梨の香りをすぐに感じます。
一口食べると梨と葛が口の中いっぱいに広がり、梨独特のざらっとした食感も楽しめます。

食べ方は生クリームをつけたり、フルーツを添えたりと色々ありますが、店主田辺さんのお勧めは半分凍らせて食べる方法です。
半分凍らせることでシャリッとした食感を楽しめ、
さらに時間が経って柔らかくなってくるとシャリシャリ感とムッチリとした両方の食感も楽しめます。
東横線の大倉山駅にある老舗和菓子店青柳では
浜梨物語以外にも冷やしあんず大福や梅最中など季節を感じられる和菓子もあり、
それも食べましたので、また今度紹介します!!


大倉山 青柳
横浜市港北区大倉山1-2-8
0455310407
http://www.o-aoyagi.co.jp/
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です