cacahou ete Paris


中目黒にあるcacahou ete Paris。
大通りではなく少し路地に入ったところにありますが、ケーキの写真がいっぱい貼ってある看板があるのでわかるはず!

オーナーはフランスのジェロム・ケネル。
フランスではマカロンで有名なピエール・エルメやラデュレでも責任者として働き、パリの最高ランクホテルで2番手シェフを経て日本にきました。

みなさん、飲むショートケーキや四角いシュークリームって聞いたことありませんか?
実はこのcacahou ete Parisのケーキなんですよ!
飲むショートケーキとか聞いたことないですよね。さすがフランス人シェフ!
今回はこの二つは頼まなかったのですが、買ったケーキも驚くようなケーキでした。


■白い丸い中には何が入っている?「ブールココ」

まず見た目でどういう風になっているんだろう?と気になってしまうブールココ。
茶色の台の上に白い球体が。しかも球体の上は少し紫になっています。
白いものは何なのか、どんな味なのか気になってしまい選びました。

持ち帰るときはビクビクですよ。崩れないようにゆっくり持ち帰りよく見ると周りはココナッツが付いています。
土台をフォークでツンツンすると固め。
白い球体にフォークを入れるとふわっとした感触が。
この丸い部分、ムースなんですよ!!ココナッツのムース。
そしてムースの中心にはカシスのムースが!!
上の紫はこのカシスだったんですね。

今までココナッツとカシスの組み合わせは食べたことなかったんですが、めちゃくちゃ合います!!
なぜ他の店ではこの組み合わせをしないんだ!!っていうくらい合っちゃうんですよ。ぜひみなさん食べてみてください。

下の土台の部分はクッキー生地でもなく、スポンジでもなく、強いて言うならばカヌレに似たような生地でした。ここにもココナッツが入っていて、ココナッツ盛りだくさん!!

気づいてる人もいるかもしれませんが、ブールココのココはフランス語でココナッツという意味です。さらにブールというのはボールという意味。
まさに球体のココナッツということですね!!


■ティラミスが中に浮いている?「ザ マック ティラミス」

ショーウインドウの中見たときからびっくりですよね。
下にはマカロン、そして中に浮いているティラミス!?
え、どうなってるの?ティラミスが中に浮いている??
(写真だと少し見にくいですね(⌒-⌒;)けどしっかり浮いてます!!)
もう気になってしまい買ってしまいましたよ。

家に帰ってよく見ても浮いている。
いったいどうなっているのかという思いを抑えながら、まずは上のティラミスの部分をスプーンですくって口に入れると、コーヒーの香りが口の中にしっかりと広がる濃さ。甘いティラミスというより、大人のほろ苦ティラミス。
上の載っているクランブルは塩気があって、ほろ苦ティラミスのアクセントにちょうどいいです。

では、中に浮いている謎を解くためにスプーンを進めると、少し硬いものにぶつかりました。
この硬い正体はホワイトチョコ。ホワイトチョコでうまく仕切りを付けて、その上にうまくティラミスを載っけているみたいです。

下のマカロンはコーヒー味で周りにはチョコレートでコーティーングされたコーヒー豆が。
このコーヒー豆がカリッとしていてい食感なんですよ。
美味しいし、見た目もいろいろ楽しめるスイーツでした!!


cacahou ete Paris(カカオエットパリ)
東京都目黒区東山1-9-6
03-5722-3920
http://www.cacahouete-paris.jp/
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です